2022年12月6日

宿泊施設のデジタル技術を活用したサービス提供体制強化事業
(宿泊施設インバウンド対応支援事業)PMS(宿泊管理システム)導入補助金 の
第2期募集が始まっております。

 


事務局Webサイト   https://skhk-digir4.net

 

公募要件:
①宿泊事業者等団体(原則5以上の宿泊事業者やその他関係する事業者等により構成される団体)
②構成員宿泊事業者(宿泊事業者等団体の構成員である宿泊事業者)
③特定宿泊事業者
DMO(DMO又はその候補として観光庁長官の登録を受けた法人)又は地方公共団体と連携して地域の訪日外国人の宿泊者数を向上させるための具体的な取組を行っている宿泊事業者(1者による申込み可。ただし、同一観光地内でデータ連携可能な、互換性のある宿泊施設管理システムを導入する事業者に限る)

補助対象事業:
(1)宿泊施設管理システム(Property Management System)のうち
・オンプレミス型の導入・更新
・クラウド型の導入(最大2年間の費用が対象)
(2)「情報管理の高度化」に資する既存PMS本体の入替
(3)PMS本体を周辺・外部システムと連結するために必要なカスタマイズ

補助率:1/3

補助上限額:上限300万円(1施設あたり)

公募(申請受付)期間:

令和4年11月7日(月)~令和5年1月13日(金)
※受付した申請額の累計が、予算規模の上限に達した場合、
期間を前倒しして終了する場合があります。

 

公募期間
【第2期】令和4年11月7日~令和5年1月13日(金)